Moneyコンパス

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインのウォレットの使い方【Blockchain.info】日本語対応です!

ビットコインのウォレットの使い方【Blockchain.info】日本語対応です!

ビットコイン管理にはウォレット(財布)が必要らしい

でも、どうやってウォレットを利用すればいいのだろう?

本記事ではビットコインウォレットの作成方法・使い方を図解します!

基本的な知識から段階的に解説するので、初心者の方でも安心してください!

ビットコインウォレットの使い方

【目次】

  1. ウォレットとは?
  2. おススメのウォレット
  3. ウォレット作成上の注意事項
  4. Blockchain.infoの使い方

ウォレットとは?(1)

そもそも、ビットコインウォレットとはなんでしょうか?

ウォレットとは、「ビットコインを管理するソフト」です。

では、なぜウォレットが必要なのでしょうか?

ご存知の方も多いと思いますが、ビットコインは「データ」です。

但し、ビットコインのデータには、個人情報は含まれていません。

紙幣や貨幣に、持ち主の名前が記載されていないのと一緒です。

ビットコインの正当な所有者だと証明するには、一定のルールに沿った手続きが必要です。

詳しい手続きの内容は、簡単に説明するのが難しいので割愛します。

ビットコインを保有する覚えておくべきことは1つだけです↓↓

ウォレットは特定のビットコインがあなたの所有物だと証明するソフトです。

目次に戻る↑↑

おススメのウォレット(2)

ウォレットは大きく分けると3つの種類があります↓↓

  • 「オフライン」で管理するウォレット
  • 「紙」にデータを印字するウォレット
  • 「オンライン」で管理するウォレット

オフラインで管理するタイプは、ビットコインが盗まれにくいメリットがありますが、設定が複雑で初心者向けではありません。ビットコインとコンピューター両方の豊富な知識が必要です。

また、ビットコインに関するデータが紙に印字されたウォレットは「ペーパーウォレット」といわれます↓↓

paper warret 作り方

紙で持ち歩けるのでアナログ派の方には便利です。

しかし、「口座番号」と「暗証番号」に該当する情報が印字されているのが難点です。

また、ビットコインATMが普及した海外と異なりペーパーウォレットの発行は困難です。

最も手軽にビットコインを管理できるのはオンラインで管理するタイプのものです。

インターネット上やアプリ上でビットコインの取引が可能です。

ビットコインをオンラインで管理するタイプの財布にも様々な種類があります。

世界でもっとも利用されているウォレットは「Blockchain.info」のものです。

東京都港区麻布十番のビットコイン両替所で働くスタッフもBlockchain.infoを利用していたので安心できると思います。

早速ウォレットの使い方を解説したいのですがちょっと待って下さい。

ウォレット作成について重要なことをお伝えしなければいけません。

目次に戻る↑↑

ウォレット作成上の注意事項(3)

現実世界で財布が必要なのは、お金を保有しているからです。

ビットコインの場合、ビットコインを保管するからこそウォレットに意味があります。

実は、ウォレットにはビットコインを調達する機能が十分に備わっていません。

ウォレットは準備した。でもビットコインが買えない」事態になりかねないのです。

ビットコインを入手する現実的な方法は、円と両替する方法です。

円と両替してくれる主要な業者は、日本には10社程度存在します。

通常、両替業者のアカウントは無料で発行してくれます。

そして無料アカウント無発行と同時に、専用ウォレットの利用が可能になります。

またビットコインを円に両替する場合、ビットコイン両替所の助けが必要です。

いずれにせよ、両替所のアカウントが必要になる時がきっと訪れます。

現時点で両替業者のアカウントを所有していなければ、以下の記事をご覧ください。

日本で一番有名であろう両替所専用のウォレットを利用する方法を紹介します↓↓

両替所でビットコインを入手すれば、「Blockchain.info」に送金することができます。

両替所に監視されずに(守られずに)取引したい方は、ここから先をご覧下さい↓↓

目次に戻る↑↑

Blockchain.infoの使い方(4)

  1. アカウントの作成
  2. ウォレットの新規作成
  3. アドレス(口座番号)の新規作成
  4. モバイルアプリのダウンロード
  5. セキュリティ―レベルの向上

アカウントの作成(4-1)

まずは、Blockchain.infoのアカウント作成ページに移動しましょう↓↓

eメール」、「新規パスワード」を入力すればアカウント作成は完了です↓↓

blockchain.info ログイン

始める」ボタンをクリックすると、管理画面に移動します↓↓

blockchain.info 管理画面

<4 Blockchain.infoの使い方↑↑>

ウォレットの新規作成(4-2)

一つのアカウントで複数のウォレットを作成することが可能です。

ウォレットは、ビットコインをやり取りする用途別に分けるのが一般的です↓↓

  • ショッピング
  • 子供への仕送り
  • 寄付 etc

但し、ビットコインはそれぞれのウォレット毎に管理されるので要注意です。

例えば、アカウント全体で10BTC所有していたとします↓↓

  • ショッピング(6 BTC)
  • 子供への仕送り(2 BTC)
  • 寄付(2 BTC)

以上の状態では、ウォレット名「ショッピング」から送付できるのは6BTCまでです。

早速、新しいウォレットを作成してみます。

管理画面の左側のメニューから「設定」>>「アドレス」の順にクリックします↓↓

新しいウォレット

上図をみると、既に「私のビットコインウォレット」が作成されています。

+ 追加」をクリックすれば、新しいウォレットが作成できます。

ウォレット名を決めて「新規作成」ボタンをクリックします。

ウォレット名

ウォレット名「はじめてのウォレット」が作成されました↓↓

ウォレット 新規作成

ちなみに、ウォレット名は作成した後でも変更することができます。

ウォレット名を変更する場合は「設定」>>「アドレス」画面を開きます。

その後、ウォレット名の右側にある「管理」ボタンをクリックします↓↓

ウォレット名 変更

その後「More Option」>>「名前を編集」をクリックすると名称変更が可能です↓↓

ウォレット 名称変更

<4 Blockchain.infoの使い方↑↑>

アドレス(口座番号)の新規作成(4-3)

ウォレットとアドレスの関係について最初に解説しておきます。

アドレスとは、銀行預金の口座番号のようなものです。

「口座番号に該当」ではなく「口座番号のようなもの」である点に注意すべきです。

ビットコインの場合、1つのウォレットに対して複数のアドレスが作成できます。

なぜ、複数のアドレスが作成できる仕組みになっているのでしょうか?

実はビットコインの場合、取引データが全てインターネットで公開されています。

どのアドレスからどのアドレスに何BTCやり取りしたかが全て筒抜けなわけです。

筒抜けといっていも、第三者がアドレス情報から個人を特定するのは不可能です。

但し、取引に関わった当事者はお互いのアドレス情報を共有しています。

お互いのアドレス情報がわからなければ、やり取りすることは不可能だからです。

過去にAさんが利用していたアドレス調べてみよ」と思う人がいるかもしれません。

実際に調べても大した情報は掴めませんが、取引量は筒抜けです。

取引量を知られるだけでも気持ち悪いですよね?

そのためビットコインでは、匿名性を守るために新規アドレスを何回でも発行できます。

むしろ、取引の度にアドレスを変更することが推奨されています。

では早速、新規アドレスを発行する方法を紹介していきます↓↓

左側のメニュー欄から「設定」>>「アドレス」をクリックします。

その後、ウォレット名の右に表示された「管理」ボタンをクリックします↓↓

ウォレット名 変更

その後、「+ 次のアドレスを追加」をクリックします↓↓

アドレス 新規作成

新しいアドレスが作成されます↓↓

ビットコイン 新しいアドレス

ちなみに、アドレスを削除するボタンが表示されています↑↑

しかし、一度作成したアドレスを本当の意味で削除することはできません。

ウォレット管理画面上からは削除されても、有効なアドレスであり続けます。

<4 Blockchain.infoの使い方↑↑>

モバイルアプリのダウンロード(4-4)

外出先でビットコインを管理する場合は、モバイルアプリをダウンロードしましょう。

外出先でビットコインを管理する状況を箇条書きにします↓↓

  • ビットコインATMからウォレットへの送金
  • 飲食店の支払いをビットコインで済ませる
  • 飲食費を友達と割り勘する etc

まずは、ログイン画面から「設定」>>「ウォレット情報」をクリックします。

その後、「ペアリングコードを表示する」をクリックします↓↓

ペアリングコード

ウォレット作成時のパスワードを入力し「送信」ボタンをクリックします。

アカウント パスワード入力

モバイル連携に必要なQRコードが表示されます↓↓

モバイル連携 QRコード

次に、モバイルアプリをダウンロードしましょう。

>>Androidの方はコチラ

>>iOSの方はコチラ

アプリを開くとQRコードを読み取る機能を立ち上げます。

Androidの場合は、アプリ画面の右上にあるQRコードボタンをクリックしましょう。

アプリ画面は、スクリーンショットできないので画像を載せることはできません(残念!)

QRコードの読み込みが完了し、PIN(パスワード)を設定すると設定は完了です。

<4 Blockchain.infoの使い方↑↑>

セキュリティ―レベルの向上(4-5)

オンライン型のウォレットは、管理画面に侵入された時点でアウトです。

おそらく、全てのビットコインが盗難被害に遭うでしょう。

心配な方は、少しでもセキュリティーレベルを上げておきましょう。

セキュリティーレベルを上げるためには認証設定が有効です。

管理画面から「設定」>>「環境設定」をクリックしましょう↓↓

環境設定

メールアドレスと携帯電話番号の2つの認証が可能です。

メールアドレスを認証すると、他のPCからログインを試みた場合にエラーメッセージが表示されます。メールに記載されたURLをクリックしないと、ログインができなくなります。

また、携帯電話番号を認証すると、ログインする度に携帯電話宛にSMSメッセージが届きます。ログイン時にSMSに記載された暗証番号を入力しないとログインができなくなります↓↓

2段階認証 モバイル

つまり、メールアドレスと携帯電話番号の認証をすると、最大で4重のロックをかけることができます。(※ 「ID」、「アカウントのパスワード」、「URLのクリック」、「ワンタイムパスワード」(SMSに記載)の4つ)

具体的な設定方法は難しくないので割愛します。環境設定画面で認証できます。

但し、1つだけ補足しておくべきことがあります。それは、携帯電話認証後のセキュリティー設定を忘れてはいけないということです。

セキュリティセンター」から「2段階認証を有効にする」をクリックすれば、2段階認証の設定は有効です↓↓

セキュリティセンター

<4 Blockchain.infoの使い方↑↑>

目次に戻る↑↑

まとめ

ビットコインウォレットの使い方を中心に解説しました!

ビットコイン初心者の方は戸惑うことも多いと思います。

でも、実際に取引するのがビットコインに慣れる一番の近道です。

以下の記事では、ビットコインATMの体験談を紹介しています↓↓

是非とも参考にしてください!

Return Top