1文字の違いがわからない

市川紗椰さんが雑誌プレイボーイで執筆した、アメリカのバンド「BST」を絶賛する記事が炎上しています。なぜ炎上しているのでしょうか?

BTSとBST

少し前まで原爆Tシャツなどで騒動になった韓国のグループ「BTS」と勘違いした人たちが一定数いたのです。

この件でわかることは、ネット炎上に参加する人たちは市川紗椰さんの記事をろくに読んでもいないということです。そして残念なことに「BST」と「BTS」違いもわからないということです。

一文字の違いだから間違えることもあるよ・・・とわたしも思っていた頃がありましたが、中学の英語の先生に猛烈に怒られたことがきっかけで1文字の違いを大切にするように心がけるようになりました。

英語の「U」と「A」って、日本語では同じ「あ」という音ですが発音は異なるので、適当に発音していたのですが、英語の先生に「ちゃんと発音しろ!!」って真剣に怒られたんです。

英語の先生曰く、「あんこ」と「うんこ」は一文字違いだが大きな違いだ。君は「『あんこ』と『うんこ』のどちらが好きなんだ?」といわれて、1文字の違いに敏感になる重要性に気づいたというわけです。

スマホ脳

なにが言いたいかというと、ネット炎上で吹き上がっている連中なんて「あんこ」と「うんこ」の違いもわからないであろう残念な人達だということです。

でも最近、、、テレビをみていると街頭インタビューですらせずに、「ネット上ではこういう意見があります。」と顔の見えない意見を取り上げてきますが、そういうものにどれだけ意味があるのか??ということはちゃんと確認しないといけません。

そもそも、なぜ?「あんこ」と「うんこ」の違いもわからない人が量産されているのか???

ズバリ答えは「スマートフォンの観すぎ」だと思います。スマートフォンで受け取れる情報量はそれほど多くありません。パソコンに比べて画面が小さいのでどうしても、一瞬目の前に表示されるキャッチフレーズに心が動くか動かないかだけの世界に引きずり込まれてしまうのです。最低限、「あんこ」と「うんこ」の違いに気づける大人でありたいものです。