核シェアリング?

『核シェアリング』という言葉を初めて聞いた人は「なんとなく便利な仕組みなのかな?」というようなイメージをもってしまうでしょうが、もしそうなら・・・・・かなり危険です。なぜならば・・・

日本人が日本に核爆弾を落とす

核シェアリングというのは「日本人が日本に核を落とす仕組み」のことです。なぜ日本ではなく敵国を攻撃しないのか?それはアメリカが許さないからです。なぜ許さないのか?

アメリカが保有する核爆弾で相手国を攻撃したら、相手国はどう思うでしょうか?もちろん「アメリカから核攻撃を受けた!」と判断し、アメリカに報復として核攻撃を仕掛けるでしょう。

つまり日本が自爆をする覚悟をもってアメリカの盾となる・・・という仕組みが「核シェアリング」なのです。つまり・・・・

アメリカは日本を守らない

そもそも「核シェアリング」という発想がでてくるのは「日本のためにアメリカが被害を被るなんて勘弁してくださいよ」という前提があるからです。

しかし日本が仮に攻撃を受けたらアメリカがなにもしないわけにもいかない。だから、アメリカのために日本よ頑張ってくれ・・・・・核爆弾は貸してあげるからさ。ということなのです。

日本が侵略されたときに日本にいる敵を核爆弾で攻撃する‥‥なんてことを本当にやって喜ぶ日本人が果たしてどれくらいいるのでしょうか?

簡単なこともわからない

あなたがこの記事を読むのにかかった時間はわずか数十秒だったと思いますが、もしあなたがテレビや新聞に長い時間接しているのに、誰もあなたに「調べればすぐにわかること」を教えてくれなかったのだとすれば・・・・・

あなたも知らず知らずのうちに「核シェアリング」賛成派になっていたかもしれないのです。誰もあなたに大切なことを教えてくれません。というよりも大切なことだからこそ教えてくれないといったほうがいいかもしれません。

世の中のカラクリがわかっていないと、上手に世の中を渡っていくことができません。世の中のカラクリを知ることの重要性について知りたい方は、無料レポートを読んでみてください↓↓↓↓

report 【無料レポート】報われる努力の法則

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です