お金はどこに消えるのか?

ある女性は「ほとんど貯金できない」と悩んでいました。世帯年収は年収600万円ほどあるにも関わらず、「子どもが育ち盛りだから」、「人生楽しまなきゃ」などと理由をつけてはお金をつかってしまい、手元にお金が残らないのです。

老後に4,000万円必要だとか1億円必要だとかいう記事を目にするたびに「このままのペースだとヤバいかもしれない」と不安になってしまいます。旦那に相談するたびに「たしかに不安だし、どうにかしないといけないけど、仕事で頭がいっぱいなんだ。ちょっと考えてくれない?それより来月のお小遣いのことなんだけど、、、」といつもの調子ではぐらかされてしまうのです。

どうすればお金が貯まる生活を実現できるのでしょうか?

贅沢の自覚なし!

わたしが過去に多重債務者になった経験からいわせてください。なかなかお金が貯まらなかったり借金してしまう人は「贅沢をしている自覚がない」のです。

しかし多くの人は贅沢をしています。その証拠に「どこに消えたかわからないお金」が多すぎるのです。どこに消えたかわからないお金の存在を軽く見ていると、本当に痛い目に遭います。

なぜならば年収が多くなればなるほど、どこに消えたかわからないお金の規模が大きくなるからです。年収300万円、400万円、500万円と年収が上がっていくにしたがって、「お金はどこに消えたのだろう?」と首をかしげることになります。

わたしの経験上、どこに消えたかわからないお金の正体は「ほんの少しの贅沢」であることがほとんどです。年収が上がるとほとんどの人が調子にのってしまうのです。「わたし頑張ったから・・・今日は焼肉よ!」という具合に贅沢をするんです。

わたしの場合、年収が上がる前までは「缶コーヒー」すら我慢していたのに、少し余裕がでると缶コーヒーが飲みたくなり、さらに余裕がでるとスターバックスのコーヒーを飲み始めてしまったのです。

「贅沢をするな!」、「贅沢は敵!」という戦時中のようなことはいいません。仕事や家事でストレスがたまっていると「今日は甘いものを食べちゃおう!」という具合に贅沢をすることもあるでしょう。

でも贅沢をするなら、計画的に贅沢しないと際限がありません。衝動的な贅沢は『衝動買い』と一緒なのです。衝動買いを続けるから手元から少しずつ大切なお金が流出し結果的に「どうしてお金がないんだろう?」と首をかしげることになってしまうのです。

ないものは「ない」

もしあなたが、ほんの少しの贅沢をセーブする強い心の持ち主でないのなら、「贅沢をするためのお金」は「ない」ことにしてください。贅沢をするためのお金は自動的に別口座に移してください。そして一切手をつけてはいけません。

年収600万円の人が年に200万円貯めたければ、年収400万円以下の人の暮らしをしてください。そうすればお金は勝手に貯まります。それにも関わらず年収600万円のひとは年収600万円の暮らしをしようとするんです。

「わたしたちは年収400万円じゃなくて、年収600万円のレベルにいるんです!」という強い意識こそが、逆にその人を貧乏に追い詰める「罠」であることに気づいていないのです。

あなたの年収はいくら?

もしあなたが「すぐに年収を上げることができないがすぐにでもお金を貯めたい」と思っているなら、生活に必要なお金のレベルを「一気に落とす」ことをおススメします。

「下げることができない」と弱気になるのではなく、思い切って「ゼロ」にしてみてはいかがでしょうか。とりあえず全部手放してみるのです。習い事も、趣味も、仲間との飲み会も、、ぜんぶ一旦手放すのです。

念のため補足しておきますが、「手放す」と「捨てる」は違います。手放したあと、本当に必要だと思ったらもう一度つかみにいけばいいのです。全部手放す経験をすれば、きっとあなたは「本当に必要なもの」を自覚できるでしょう。