あなたの指標は?

GNPという指標をご存知ですか?そう。国民総生産のことです。

しかし時計の針を70年ほど戻せばエリートですらGNPの存在を知らず、一般人の感覚は「何それ英語?」といった程度だったことをご存知でしょうか?

怒るマッカーサー

こんな話があります。敗戦直後の日本を統治していた最高司令官、マッカーサーが日本の官僚に「GNPに関する統計資料を出せ!」と命令するもまったく資料がでてこないので、総理大臣だった吉田茂に相談すると「そんなものはない」といわれたそうです。

マッカーサーは吉田茂の発言を嘘だと思ったそうです。しかし吉田茂から「もしそんな指標があったらアメリカと戦争なんかしていません。」といわれて、マッカーサーは納得したといわれています。そう。指標は判断の材料になる重要なものなのです。

さて指標について触れた理由は、今あなたが追いかけている「指標」について意識してほしかったからです。あなたがゴールを追いかける上で、どのような数字の改善を強く意識しているでしょうか?

あなたの指標は?

目標の達成度を測るモノサシとなる指標は、貯金額でもいいし、稼ぐ金額でもいいし、顧客数でもいいし、体重でもいいのですが、、、、、一定程度改善したら次のステップに移れることが間違いないことがわかっているような指標を設定することをおススメします。

わたしが脱サラした当初は、『次の1か月働かなくても飯がくえる安定収益』を指標に定めました。なぜ?その指標がわたしにとって重要だったのかというと、次にやりたいことが「すぐにお金が稼げるかわからないこと」だったからです。

「どうしてもすぐにお金に困らない生活を実現する必要がある。話はそれからだ。」という気持ちになっていたので、まずはとにもかくにも「お金」を稼ぐことを考えていたし、むしろそのことしか考えていませんでした。

本も読みたい、遊びたい、映画も読みたい、飲みたい、美味しいものを食べたい、飽きるまで寝たい、、、、などの煩悩はいったん横に置いておいて、とにもかくにも「稼ぐこと」(しかもなるべく手間をかけずに)だけを考えて行動したことを覚えています。

一点集中!!!

あくまでわたしの経験からの意見なのですが、「あれもこれも」と指標を追い求めるとうまくいかないことが多いです。ですからわたしは「あれもこれもやりたいのに、それができない」というストレスを1つの指標の達成に向けることを意識しています。

あなたが追いかけている指標は、本当に達成すべき「指標」なのでしょうか?

間違った指標を追い求めると(当然ですが)いい結果は得られません。逆に適切な指標を追い求めると(驚くほど)人生が変わるでしょう。