投資にハマるほど不安が強くなるのですが?

投資に挑戦しているが、なかなかうまくいかない。どうすればいいだろうか・・・・と悩んでいる人はたくさんいます。そして何をしたらいいかわからない人の多くは、「特別な努力」が必要だと信じています。

なぜ「特別な努力」が必要だと考えるのかといえば、投資の世界はゼロサムゲームであり、つまり「誰かが儲かれば誰かが損をする世界」であることを理解しているからです。

とはいえ、他人が気づいていないことを自分だけが気づくなんてことはそう簡単にできることではありません。

だから「将来の不安」のために投資に挑戦する人たちの多くが、不安を解消するために投資に挑戦したはずなのに、投資に挑戦することによってより深い不安を抱えるようになってしまうのです。

どうすれば投資に挑戦することで、不安の沼にハマることなく、(本当に)不安を本当に解消できるのでしょうか?

ジム・ロジャーズの金言

ジム・ロジャーズの言葉が参考になるでしょう。ジム・ロジャーズ氏は、ジョージ・ソロス氏という伝説の投資家とファンドを設立し、10年間で4,200%のリターンを叩き出し37歳で引退した人物です。

引退後は、コロンビア大学で金融論の教授になったり、テレビのコメンテーターとして活躍しているジム・ロジャーズが繰り返し強調しているのは「リサーチ」の重要性です。

とにかく勉強しろ!リサーチしろ!と口を酸っぱくしていっています。ではどれぐらい勉強すればいいのでしょうか?ジム・ロジャーズ曰く「何をすればいいのか自然とわかるまで」リサーチする必要があるのだそうです。そしてこうもいっています。

実は「待てる」ことも、投資家に必要な資質の一つである。投資家に必要なのは、ほとんどの場合「何もしない」ことなのだ。(中略)

ある場所に商機が見えたら、それは正しい判断である。あとは買うだけだ。でも逆に言えば、確実に商機が見出せるまでは、何もしてはいけない。たいていの人は、常に動き回っていなければいけないと思い込んでいる。

常に株価を気にして、何か行動を起こさなくてはいけないと忙しくしている。でも、それは間違いだ。

また多くの人はー私を含めてー行動を急ぎすぎる。(中略)確実に商機が見えるまで、辛抱強く待たなければならない。世間の多くの人が、商機に気づくまで。

【引用:お金の流れで読む日本と世界の未来】

あなたは狙って成功できるように努力しているでしょうか?

商機を見つける方法

ジム・ロジャーズがアドバイスしているとおり、商機がわかればその瞬間に不安はどこかに吹っ飛びます。「儲かる」という確信が、不安を上書きしてくれるのです。

商機がわかれば、何をしたらいいかわからずに右往左往して焦る必要はないのです。しかし・・・・・商機を見つけるためにどのような勉強やリサーチを実践すればいいのでしょうか?

もし商機を見つけるためのヒントを探しているなら、無料レポートを読んでみてください↓↓↓

【無料レポート】元手ゼロからはじめる資産構築の戦略