貧乏脳を退治しよう!!!

貧乏脳を退治しよう!!!

ある女性は「毎月家計が赤字、ボーナスで赤字を負担しないとやっていけない」と悩んでいました。手取り収入は月に20万円、月の支出は22万円、そして1年のボーナスは50万円。1年トータルでみれば、トントンという生活を送っていました。

家計の見直しという観点では、いくつか問題点が見つかりました。まず携帯電話料金が高いこと。そして習い事が多いことです。家計の見直しにおいては、毎月必ず出ていくお金(固定費)を削減するのがセオリーです。ですから格安スマホに乗りかえて、習い事のいくつかを削減する、というのが基本的なアドバイスになるでしょう。

参考 28歳女性、ボーナス50万が生活費の赤字補填に消える日々MONEY PLUS

しかし、、、本当に、、、小手先のアドバイスでこの女性の生活が良くなるのでしょうか???

家計の見直し?

わたしは借金地獄に落ちた経験があるので、よ~く、わかるのですが、、、、小手先の支出改善ではお金の不安を解消できる見込みはありません。ですからもし「公平で安心できるお金の相談所」なんてものがこの世にあったとしても、そんなものは一切信用してはいけません。

むしろお金の使い方、稼ぎ方、増やし方の基準は「100%あなたの価値観を基準」にしなければなりません。(もちろん、法律に抵触しない範囲で!)

しかし多くの人が「100%じぶんの価値観でお金と付き合う」ということが、驚くほど苦手で「100%じぶんの価値観でお金と付き合う」ことに苦痛すら感じることが多いのです。

少しずつ貧乏に

冒頭で紹介した相談者の女性の頭のなかは、以下のようになっていると思います。

わたしは仕事をガンバっているし、仕事のストレスもある。周囲の人たちをみていても、わたしだけが特別に贅沢をしているわけじゃない。みんなと同じぐらい。悪いことをしているわけでもないでしょ?

たしかに毎月赤字なのかもしれないけど、仕事も頑張っているし、ボーナスも含めればなんとかトントンだから、このまま頑張ればなんとかなる。

じぶんが悪いことをしていると思っているわけでもないので、「格安スマホに切り替えましょう」とか「習い事を少し減らしましょう」という痛みの少ない選択肢に飛びついてしまうのです。でも、、、、それではうまくいくわけがありません。

なぜならば、20万円の手取り収入をオーバーしても「大丈夫!」だと信じて疑わないという、まさに「麻痺」した感覚をそのままにしているからです。冷静に考えてみてくださいね。少しずつ貧乏になっているのに、ほとんど自覚症状がないのです。重症ですよね?消費依存症の可能性が高いですよね?

貧乏脳

わたしは赤字家計を放置してもなんとも思わない人たちのことを、貧乏脳の持ち主だと名付けています。(かつて、わたしも貧乏脳の持ち主でした。)

もし貧乏脳を改善しないまま放置すれば、手取り収入が30万円になっても、33万円の支出をすることになるでしょう。(予言します!)

そうなんです。本当の問題は、お金を使っているその人自身の頭のなかにあるのです。指摘されてみれば、「当たり前」だと思いますよね?

でも家計アドバイザーの人たちは嫌われたくないので(?)本当のことを指摘しないのです。「あなたの貧乏脳が一番の元凶です!」って断言すればいいのですが、、、なかなかそういうわけにもいきません。

だから「格安スマホに切り替えましょう」とか、「断捨離しましょう」とか、、、当たり障りのないことばかりしか指摘しないのです。なぜ巷にいる専門家たちが、本質的なことを教えてくれないのだと思いますか?

理由はカンタンですよ!

先進国の経済は国民に少しずつ借金をしてもらわないと根本的に成り立たない仕組みになっているからです。(詳しいカラクリは説明すると長くなるのでやめておきます。)

そうなんです。「消費を大幅に減らせ!」なんてことは口が裂けてもいえないのです。そんなこといえば「スポンサーから大激怒」されますよね?

消費者を貧乏脳にしているのは間違いなく「スポンサー様」たちなのですがそんなことはここだけの秘密です。だから「総務省が力を入れている格安スマホにのりかえよう」とか「スマホアプリを利用して、手持ちのアイテムを転売し、小遣いを稼ごう!」などと、小手先の解決策にしか言及しないのです。

どうすれば貧乏脳を「お金持ち脳」にすることができるのでしょうか?

ワンポイントアドバイス

「家計は見直す」のではなく「ゼロからつくりあげる」ことをおススメします。今の家計の状況は、あなたの貧乏脳がつくりあげたものです。

貧乏脳は「消費しろ!消費しろ!お金なければ借金しろ!そしてまた消費しろ!」というメッセージによって作り上げられています。貧乏脳が作り上げた現状のあなたをベースにして家計を見直しても大きな効果は得られません。そう思いませんか?

今の固定費を、すべてゼロにしてください。今住んでいる場所、スマートフォン、人間づきあい、習い事、仕事、お金にかかわるすべての物事をチャラにしてください。「そんなこと、できるわけないでしょ?」と思いましたよね。

そうなんです。広告主の呪縛から離れて、じぶんの価値観で生きるってことはツライのです。心がギュッと潰されるような痛みを感じるはずです。でも効果は絶大です。経験者のわたしがいうのですから間違いありません。

わたしは、高い家賃を見直すために引っ越しました。docomoのスマホから格安スマホにチェンジしました。友達とも1か月会うのを辞めました。外食も1か月我慢しました。習い事もやめたかわりに図書館で本を借りました。ヘビースモーカーだったのですが病院で治療してもらって禁煙に成功しました。最終的には仕事も変えました。

お金にかかわる全部をチェンジしたのです。正直にいいます。めちゃめちゃ辛かったです。禁断症状に悩まされたこともあります。でもやってよかったです。お金にかかわることを全部チェンジしたことで、わたしは貧乏脳を捨て去ることができたのですから。

最後に

わたしは「短期間」で、なおかつ「大幅に」人生を変えたかったので、すべての作業を1年以内にやりきりました。「長期間」で「少しずつ」リッチを目指したいという方は、少しずつ理想の将来に向けてお金の使い方をチューニング(調整)するといいと思いますよ。

他人に価値観に基づいてお金を使うのは金輪際やめませんか?あなた自身をあなたの一番の師匠だと信じて、もっと自分と向き合うことをおススメします。

このお金を使ったら、、わたしは幸せになれるのか?

このお金の稼ぎ方で、、わたしは幸せになれるのか?

このお金の増やし方で、、わたしは幸せになれるのか?

冷静になって考えてみることをおススメします。