南山の部長たち ~ 革命の裏切者は誰か?

東京飯田橋にあるホテル『グランドパレス』がコロナ禍による影響により、2021年6月で営業を終了するそうです。『グランドパレス』といえば、1973年に発生した金大中(キム・デジュン)拉致事件が有名です。

15年後の1998年に韓国大統領になる金大中(キム・デジュン)は当時はまだ野党の指導者という立場でしたが、韓国政治の大物が日本のホテルで白昼堂々と拉致されたのですから、この事件はまさに「人権侵害」であり、なおかつ日本の「主権侵害」であるとして大きな騒動になりました。

拉致を指示したのは誰か?

それは当時韓国の大統領だった朴正煕(パクチョンヒ)であり、実行したのはKCIA(韓国中央情報部)であるというのが通説です。そして今回紹介したい映画は、まさに朴正煕(パクチョンヒ)がKCIA(韓国中央情報部)のナンバー2に暗殺されるまでのお話です。

南山の部長たち(予告編)

韓国中央情報部

「南山」というのは韓国中央情報部(KCIA)のある地名のことです。アメリカのCIA(中央情報局)のことを「ラングレー」(バージニア州)というように、KCIAも通称「南山」といわれています。

この映画は史実をベースにしたフィクションなのです。史実をベースにしているのだから「ノンフィクションの間違いじゃないか?」と思う人もいるでしょうし、まさにその部分がこの映画の最大のポイントになります。

史実とはなにか?

ズバリ、「KCIAトップの金載圭(キム ジェギュ)が、韓国の独裁者として18年間君臨していた朴正煕(パクチョンヒ)を殺害した」という部分。

KCIAのトップといえば韓国のNo.2。そのNo.2がなぜ危険を冒してまで独裁者を自らの手で殺さなければならなかったのでしょうか?

ここが重要なポイントです。No.2の金載圭(キム ジェギュ)が、朴正煕(パクチョンヒ)を殺害するまでの背景や、殺害した理由についての解釈の部分が「フィクション」なのです。

背景について何もしらない日本人がここまでの話を聞けば、「No.2がNo.1を殺したということは、それはまさにクーデーターであり、自分がNo.1の座につくための行動だったのでは?」と考えるのが当然でしょう。

しかしそうではない・・・・というのが、「南山の部長たち」の作品を通じて観客に訴えかけたい部分なのです。(ここから先はネタバレを含みます)

革命の裏切者

朴正煕(パクチョンヒ)と金載圭(キム ジェギュ)の関係性は重要な意味を持っています。

朴正煕(パクチョンヒ)は1961年のいわゆる「5・16軍事クーデター」により国家再建最高会議議長に就任し、1963年から1979年まで大統領を務めた人物です。(パククネ大統領のお父さんです。)そしてNo.2の金載圭(キム ジェギュ)も革命の同志だったのです。(ここがポイントです!!)

そう。二人は「韓国という国をもっとよくする」という志のために革命を起こしたのです。そして経済的には成功を収めました。「漢江の奇跡」といわれる高度経済成長を達成し、韓国は貧乏から抜け出すことに成功したのです。

当時はアメリカとソ連の冷戦時代です。韓国はもちろんアメリカ側です。当時のアメリカは「人権」を重要視する国です。しかし韓国政治の実態は「独裁政治」でした。KCIAという組織は、政権に批判的な人物を探しては拉致し拷問していたため、韓国国民にとっては恐怖の対象となっていたのです。

そしてそのような状況下で、 コリアゲート事件が発生します。

韓国人実業家の朴東宣(パク・ドンソン)が韓国中央情報部(KCIA)などと連携し、アメリカ合衆国下院議員への買収工作を行なった事件。買収の動機は、ニクソン政権が示唆した米軍の韓国撤退の阻止。

コリアゲートの捜査にあたっての重要参考人として下院議会聴聞会に呼ばれたのは、KCIAの元部長でありアメリカに亡命していた金炯旭(キム・ヒョンウク)。金炯旭(キム・ヒョンウク)は韓国大統領の朴正煕(パクチョンヒ)を「革命の裏切者」といって批判するのです。

クーデターではない

朴正煕(パクチョンヒ)は国をよくするために革命を起こした。そして金載圭(キム ジェギュ)は、その志を信じて、朴正煕(パクチョンヒ)を守ることに命を懸けるのです。

しかし革命から18年が経過してみると、朴正煕(パクチョンヒ)は裸の王様になっているのです。側近はほぼ全員、イエスマンになっており、政権中枢は現実を直視できず麻痺状態に陥ってしまうのです。

つまり「朴正煕(パクチョンヒ)の暴走を止めるのはわたししかいない」というのが、金載圭(キム ジェギュ)が朴正煕(パクチョンヒ)を暗殺した動機である・・・というのがこの作品でのメッセージであり、別の言い方をするなら、暗殺の動機は「自分が権力を握りたいから」というような私利私欲を満たすためではなかったのです。(というような解釈がフィクションの部分)

金載圭(キム ジェギュ)は革命の裏切者である朴正煕(パクチョンヒ)を暗殺します。その結果どうなったのか?

その続きは映画を鑑賞してみてください。ナウシカにも通じる話です。誰かがつくった社会を変革したい場合、過去の社会を壊すところまでは一致団結しやすいのですが、そこから先は難しい問題になってきます。

独裁政治体制を壊した後はどうするのでしょうか?あなたにとっても革命の難しさを痛感する体験になるはずです。