携帯安くしろ!

日本では国の役人が「携帯電話安くしろ!」と民間に命令していますね。役人は「命令じゃないよ。要望だよ。」といいますが実質的に命令です。

「国を動かしている感覚が官僚という仕事の魅力です。」などと発言する経済産業省の役人のインタビューをみると、つくづく「日本は社会主義国家なんだなぁ」と思います。

資本主義の本質

資本主義の本質は「自由競争」です。自由に競争しない分野はいずれ衰退します。

多くの国民は「携帯電話安くなるの?それはいいことだ。是非安くしてほしい。政治家も頑張っているな。」と思うかもしれませんが、結局のところ「お金で思考・感情・行動」を支配されていることに気づいていないのです。

日本の役人が「携帯電話安くしろ!」と必死に命令するということは、わたしたちは「お金で顔をはたけば笑顔になる愚民ども」だと思われているということです。そもそもお金をチラつかされてすぐに判断が変わるような人は、絶対にお金持ちになれませんし幸せにもなれません。

お金のために頑張れる才能

お金でモチベーションを上げ続けられるのって、ある意味、才能なんです。体重100kgを超えるのが才能であるのと一緒です。例えばボーナス1憶でも少ない!もっと金が欲しい!なにに使うかなんか知らん!でもカネがほしい!という人はいます。俗にいうお金の亡者です。お金の亡者はお金のためならどんなに辛いことでも乗り越えることができます。

あなたはそういうタイプでしょうか?断言してもいいですが、あなたがそういうタイプである可能性は低いと思います。大抵の人は月収200万円になり、手取り収入が100万円ぐらいになったところで「満足」してしまうのです。

満足したらどうなるでしょうか?そう。満足するとそこで活動がストップしてしまうのです。燃料のない車のようにピタっと動かなくなってしまうのです。いや、本当です。わたしはそういう人をたくさん見てきました。そういう人は「これから先、何を目指せばいいの?」と真剣に悩んでいるのです。

もしあなたにお金のために頑張る才能がそれほどないのにお金持ちになりたいというのであれば「お金以外のモチベーションを見つけるべき」です。他人に決められた幸せの枠の中で満足しないことです。最近ではAIに決められた選択肢に満足しているロボットのような人間が増えていますがそうなるべきではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です