俺、紅白歌合戦に出場するから

今日は紅白歌合戦ですよね。紅白歌合戦の思い出として一番記憶に残っていることは、10年以上も前にわたしの知人が「俺。紅白に出るから。」といって芸能活動をスタートさせたことです。

冷ややかな視線

破天荒なやつでしたし、チャランポランでしたし、周囲の人間のほとんどは『応援しているから。』とは口ではいいながらも、内心は『現実をみろよ。』といって冷ややかな視線を送っていました。

しかしあれから10年が経過した今、、、、、、なんと、、、、、、彼は今年の紅白歌合戦に出場します。昨日、コンビニで週刊誌を立ち読みしたら、『紅白出場歌手!』としてカラーのページに顔がデカデカと載っていました。

10年前は口だけのやつでした。やるといったことをやらないヤツでした。でも、、、紅白に出場します。今ならわかります。彼は好きなことにしか本気を出せないタイプだったんです。普通に大学の単位をとって卒業して、就職して出世するなんてことには魅力を感じなかったんだと思います。

彼が紅白に出る前にも下積み時代を頑張っていることは知っていました。テレビにもちょこちょこでるようになって、日本人なら知らない人はほとんどいないであろう有名人と一緒にテレビに出るようになり、そして今では紅白ですからね。

当時は歌もダンスも紅白に出場するというレベルではなかったんですが、、、、、10年本気でやれば素人が紅白に出場するということもあり得るのです。しかししかしこのような話を聞いてもあなたは「自分には関係がない」と思うかもしれません。どうすればあなたはあなたなりの結果を出せるようになるのでしょうか?

現実的だから頑張れないという逆説

あなたが経済的にも精神的にも豊かになることは、歌もダンスも下手くそだったはずのわたしの知人が紅白歌合戦に出場するよりも『現実的』だと思います。しかし多くの人は「紅白歌合戦に出場する」というような大きな結果を出すことができません。

なぜ結果を出せないのでしょうか?その理由はシンプルです。ズバリ「現実的であるがしかし心の底ではやりたくない目標」をゴールにしてしまうからです。心の底から実現したいとは思っていないので、現実的であるはずの目標ですら達成できないというジレンマに陥ってしまうのです。

あなたにとって「非現実であるがしかし心の底から実現したい状況」とは一体どのようなものでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です