最後に悔し泣きした日

あなたは大人になってから「悔し泣き」したことありますか?

PKを外した結果

あの世界最高のサッカー選手と評されることの多いメッシ選手(アルゼンチン代表)ですが、2016年の南米選手権の決勝でPKを外しました。

その後一人のコーチによって「午前2時にたった1人で、母親を失った子供のように泣いているメッシ選手」の姿が発見されました。

お金もある、実力もある、地位もある、世界的にも有名なサッカー選手が子どものように大泣きしているという話はわたしには刺激が強かったです。

なんとなく生きてない?

あなたはもし失敗したら悔し泣きしてしまうほどの大きな挑戦をしているでしょうか?

わたしも大人になってからはじめに挑戦したビジネスがまったくうまくいかないままに「売り上げゼロ円」が確定したときは呆然自失になりました。その後友人と話している最中に、脈絡もなく大泣きしてしまいました。

今でも失敗した時に感じるであろう失望感が怖いです。だから「このやろ~」という気持ちで毎日仕事しています。あなたはどうでしょうか。なんとなく生きていないでしょうか?

成功すれば嬉しくて泣き、失敗すれば悔しくて泣くような状況に自分を追い込めるかどうかが、その人の人生を決めるのではないでしょうか。