南青山の児童相談所

東京の南青山に児童相談所の建設が予定されている問題で、建設したい行政と反対する住民との溝が埋まりません。三人の子を持つ母親(反対派)は、以下のように語りました。

南青山は自分でしっかりお金を稼いで住むべき土地

母親の視点で意見を言いたいんですけど、(子どもを)私立に3人入れるよりは、A小学校という意識の高い公立小学校に入ろうと決めて、億を超える投資をしてこちらに土地を買って、家を南青山に建てました。

いいお友達を作るためにもA学区に住む、という方がたくさんいらっしゃいます。

A小学校の方は皆さん、子どもの習い事・塾…たくさんしていてレベルも高いです。もしその(児童相談所などの)子どもたちがお金がギリギリで、A小学校にいらっしゃるってなった時にはとてもついてこられないし、とてもつらい思いをされるんではないかな、ちょっとかわいそうではないかな、というふうに思います。

【引用:FNN.jp

注目したポイントを太文字・下線にしましたが、みなさんはどう思いましたか?わたしは「勘違いも甚だしい」と思いました。

勘違いにもほどがある

南青山はこうあるべき、いいお友達とはこうあるべき、児童相談所で住むこどもはこうあるべき、というイメージは、いつかのタイミングで誰かから植えつけられたものです。

それを「絶対に正しい」と信じてしまって、疑うことすらできないのだとすれば、洗脳されているといっていいと思います。

洗脳された親に育てられる子供がいい学校に入って、『エリート』面するのが通用する時代はもう終わりかけているというのに、何をやっているんでしょうか?

特権階級

おそらく先ほど紹介した女性(以下、Aさん)は、『子供をエリート教育』しようとしているのだと思うのですが、大きな勘違いです。

Aさんが『エリート』だと信じているものの実態は『特権階級』です。しかし、、、いくら頑張っても庶民が特権階級になるなんてことは無理です。

本物の特権階級は、インタビューなんてものには答えないし、そもそも最初からそこに住んでいます。自宅にはお手伝いさんがいたりして、いい友達をつくろうと思わずとも、勝手に周りから人が寄ってくるのが特権階級です。ではエリートとはなにか????

エリート

海外でいうエリートとは指導者になれる人のことです。だからエリートを育てるために、公立の小学校では裕福な家庭の子も、貧乏の子も一緒に育てます。だから『世の中いろんな境遇の人がいる』ということを理解できるんです。

一方で南青山の事例はどうか????南青山に住んで、意識の高い公立校に入って、いい友達をつくって、家庭環境に恵まれない同年代を排除しようとする子どもは、指導者というよりも「嫌な奴」になる可能性が高いと思います。

そういう子どもに限って、将来大人になった時、自分がどれだけ恵まれていたか自覚せずに、空気を吸うように特権を振りかざすようになるんです。で、、、、残念なことにこういう人って少数派なんですが、声が大きいんですよ。なぜ?声が大きくなるかというと、特権階級の意見を代弁しているからです。(本人は自覚していない)

何がいいたいかというと、特権階級はそういう世の中の仕組みを意図的に作っているということです。なぜならば「自分たちは特権階級です!!」と主張すれば、攻撃されちゃうじゃないですか?

あなたが特権階級の立場だったらそれだけは避けたいですよね??だから特権階級は億単位の投資をして南青山に移住しようとする『田舎者』に、自分たちが言いたいことを代弁してもらうのです。