日記のススメ

日記のススメ

ある一人の女性は「お前の気持ちがわからない」と旦那さんにいつも文句をいわれ続けています。夫婦の会話はほとんどなく、LINEで「夕飯食べる」「夕飯食べない」の事務的な連絡をするぐらいです。

この女性はある日「50歳を過ぎたら人の長話を聞いてはいけない」(価値のない話を黙って聞くのは時間のムダ)という記事をみて笑ってしまったのですが、冷静になって考えれば「じぶんも一緒なんじゃないか」と思ったのです。

マジ?ホントかよ?

女性が読んで記事では「マジ?」「ホントかよ?」の2語しか言葉を発しない大学生の若者や、何に悩んでいるか説明できないサラリーマンが登場するのですが「じぶんも自分の気持ちを誤解なく他人に伝える能力があるか?」と改めて考えてみればちょっと怪しいと思ったのです。

参考 50歳を過ぎたら人の長話を聞いてはいけない東洋経済

なぜならばこの女性はSNSではほぼスタンプでしか会話しないし、通勤中や買い物中のスーパーでも人と話さないからです。便利な世の中になってコミュニケーションが省略される社会に住んでいますが、逆にコミュニケーション力を鍛える場がなくなってしまっていることに気づいたのです。

言葉は金になる

わたしも脱サラして暗中模索だった頃、「誰とも話さない」という時期がありました。話し相手といえば近所のタバコ屋のおばあちゃんぐらいだった時期があったのですが、そんな寡黙な時期を抜け出して友人と会話をするときになって「あれ?言葉がうまくでてこない・・」と戸惑ってしまったのです。

久しぶりに出会った友人とは、会話をしないとコミュニケーションが成り立ちません。少なくとも「話さなくてもわかる」という状況ではないことは確かです。「今何をしているのか?」「どんな商売をしているのか?」「どんな趣味を楽しんでいるのか?」などなど、あらゆることを言葉で発信しないと、長年の友人すら何も理解してくれないのです。

わたしは人の相談にのることは日常茶飯事ですし、ブログや、メルマガで毎日のように情報を発信するようになってから、ひとつの確信をもちました。「表現する力はお金になる」と。

なぜならば政治家の演説、CM、報道番組、バラエティ番組、ドラマ、映画、ブログ、メルマガ、Youtube、、、ぜんぶ「言葉」がないと成り立たないからです。最近では個人で動画を配信することも珍しくありませんが、テレビ番組だって放送作家が文章でシナリオを書いています。

インスタグラムなどを活用すれば、写真1枚で注目を惹くことはできますが、数枚の写真1枚だけでなにかの商品が売れることはほとんどありません。やっぱり言葉が必要です。

表現する力を鍛える方法

わたしは表現する力を鍛えるために情報発信することをおススメしていますが、もしあなたが情報発信することにあまり興味がなければ「日記」を書いてみるのはいかがでしょうか?

日記を書いている人なら感覚的に理解できると思うのですが、人は言語化しないと思考するのが難しいようです。日記は強力な思考ツールです。日記を書くだけでモヤモヤが晴れることがたくさんあります。

学生時代に数学の問題を解くのに、白紙の計算スペースが必要でしたよね?そうなんです。哲学者のように、じぶんの頭のなかだけで対話をすることができるならばいいですが、、、、思考になれていないうちは、紙に書きながら思考することをおススメします。