大谷翔平『二刀流』に隠された真実

二刀流

大谷選手はもともと高校を卒業したら直接メジャーに挑戦する予定でした。なぜか?

憧れのメジャーで活躍するなら、高校を卒業したら1日でも早くマイナーリーグでトレーニングをはじめたほうがいいと考えていたからです。

だからドラフト会議前に会見を開いて「ドラフトで指名されても日本のプロ野球にいくつもりはありません」という意志表示までしたわけです。しかしそこで空気を読まずに強行指名したのが日ハムでした。

ドラフト1位指名

「ドラフト1位指名」・・・プロを夢見る高校球児なら誰もが喉から手が出るほど欲しい待遇でしょう。しかし・・・・ドラフト会議翌日に花巻東高校に挨拶にいった日ハム関係者は、「大谷選手に会ってもらえない」という塩対応を食らいます。

この時点では大谷選手の日本プロ野球界入りも、二刀流で活躍する見込みもほとんどゼロでした。日ハム関係者はどのようにして大谷選手の日本プロ野球入りを説得したのでしょうか?

答え:「日ハムに来なさいと、説得したのではない」のです。

あなたは間違っている

日ハムの関係者が大谷翔平選手や両親に伝えたことは、ひらたくいえば・・・・「あなたは間違っている」ということなのです。

1日も早くメジャー?

日ハム関係者は「1日でも早くアメリカにいけば成功する確率が高まる」という大谷選手側の発想が「勘違い」であることを指摘したのです。実は・・・・

韓国から直接アメリカ挑戦するも若手が近年増えているものの、なかなか成功できずにくすぶっている若手がとても多いという事実があったのです。

日ハムはその事実を丁寧に分析してプレゼンテーションで伝えることに成功しました。

本当のパイオニアとは?

大谷選手自身、「メジャーで活躍するにしても投手だろう」と考えていたそうです。しかし日ハム側は「二刀流でのメジャーに挑戦」を提案したのです。

メジャーにいくだけがあなたの本当の夢じゃないでしょ???誰もやったことのないことに挑戦したいんでしょ?????ということを問いかけた上で、日ハムなら二刀流に挑戦する準備ができます!!!!ということをアピールしたわけです。

有名なエピソードなのでご存知の方も多かったでしょうが、「へー、そうなんだ」だけで終わらせるのはもったいない!!!実は・・・大谷選手のエピソードには、わたしたちが飛躍するヒントが隠されているのです。

本当の夢+方法論

大谷翔平選手の心を動かした要素は、以下の2点です。

大谷翔平選手の心を動かしたもの
  1. 本当の夢(メジャーで活躍する。しかも二刀流で。)
  2. 夢を実現する方法論(日本ハムによる万全のバックアップ体制)

つまり「本当の夢」(メジャーで活躍する。しかも二刀流で。)と「夢を実現する方法論」(日本プロ野球⇒メジャーリーグ)がセットになっていたからこそ、大谷翔平選手は「日ハムに入団しよう」と決意したわけです。

そしてわたしたちが現状を変えるためにも「本当の夢」と「夢を実現する方法論」は必要です。どちらかが欠けていても現状を変えることはできません。しかし残念ながら、、、あなたもわたしも「大谷翔平」ではありません。

あなたが幸せになりたいと願っても成功したいと願っても、その世界のプロたちがあなたに親身になって提案してくれるチャンスなどほとんど期待できないでしょう。ではどうするか??

まずは自分でやる

あなたもあたしも「大谷翔平」でない以上、「まずは自分でやる」しかないですよね???とはいえ、「自分でやる方法」がわからないのです。

だから「なんとかしたい」と願っても他人に「どうしたらいいのでしょうか?」と質問することしかできないのが実情ではないでしょうか???

現実問題、「どうしたらいいのでしょうか?」、「わたしは何をしたらいいでしょうか?」という悩みを抱えている人が本当にたくさんいます。

もしあなたにも心当たりがあるなら、自分で自分をコーチングする技術を学ぶことをおススメします。コーチングは「本当の夢」と「夢を実現する方法論」を自分で発掘する技術のことですが、詳しくは以下の記事を参考にしてください。

コーチング理論と実践コーチング理論と実践