サーミの血 ~ 一般人になることが幸せなのか?

差別=「絶対悪」と信じて疑わない人が過ちを犯すのだ・・・ということを「狼をさがして」という映画を紹介しながら説明しました。とはいえ差別=「絶対悪」でないとすれば、差別は受け入れるべきという結論になるのでしょうか?

そもそも差別を感じることなく生きている人間が差別を語ろうとすれば必ず「思い込み」に囚われてしまいます。そこで生まれた時から差別され続けた少女の生涯を描いた映画を紹介します。

予告動画)サーミの血

スウェーデン人とラップ人

映画「サーミの血」のストーリーはこうです。ラップ人(サーミ)として生まれた少女エレ・マリャが、「もう非定住民として差別されながら生きるのは嫌だ。わたしは定住社会で生きる」と決意した結果どうなるか?というものです。

日本では就職して働くことを「社会人になる」と表現しますが、おそらくあなたもご存知のとおり社会人として働き続けることは本当に大変です。学生の頃は不思議なことに誰も教えてくれなかったことをたくさん覚えなくてはいけませんし、年収がそれなりに高くなると「毎日を乗り越えるが精いっぱい」という日々が年中続くのです。

同様に、エレ・マリャがラップ人としてではなくスウェーデン人として生きる場合には、さまざまな障害を乗り越える必要があります。エレ・マリャは「集団生活に必要不可欠な協調性」や定住民の財産を維持・保全する上で必要不可欠な「所有」などの概念についてまったくといっていいほど無知なので、社会に適応するのにとても苦労するのです。

社会人になった人でなくてもアルバイトをしたことのある人ならわかるはずです。社会人になるということは、社会の歯車になるということなのです。学校では「前ならえ」的な教育が施され、わたしたちは『替えのきく人材』になるべく邁進し、自分の子どもたちにもそのようなスタイルを強いるのです。

そういう循環がちゃんと回っているからこそ、替えのきく人材を採用することができ、「自動販売機のボタンを押せばジュースがでてくる」とか「配達を依頼したら午前中に荷物が届く」というような計算可能性が担保されるのであり、計算可能性が担保されるから計画というもの全般が成り立つのです。

社会はそういうもの

そう。近代社会はそもそもそういうものなのです。「そういうもの」が意味することは、『近代社会は近代社会が成り立つために、わたしたちに一般ピープル化することを要請する』という意味です。そして生まれた時から一般ピープルに囲まれて育った現代人は、一般ピープルになることが正義と信じて疑いもしないのです。

とはいえ差別が身近になった時代の定住民たちは「一般ピープル=絶対善」などと信じているわけではありませんでした。非定住民はめまいをもたらす存在として祭りなどに招かれ、定住民を一般ピープルであり続けることのストレスから解放してくれる【聖なる存在】として認識されていたのです。

しかし時は流れると近代社会初期の記憶は忘れ去られます。高度近代社会に生きるわたしたちは、一般ピープルになることが正義であると信じるようになります。そして反射的に「差別=絶対悪」(一般ピープル=絶対善)と認識するようになるのです。

しかし本当に・・・・一般ピープルとして社会の歯車として生きることが幸せなのでしょうか?

社会の構成員のほとんどが「一般ピープル化になることが正義」であると疑わない時代が今の日本です。一般ピープルとしてルールをやぶる人のことを社会から排除し「なかったこと」にするのです。(キャンセルカルチャー)

例えば「マスクをつけないやつはテロリスト」かのごとく扱われます。電車のなかでマスクをつけていない人が警察に通報されて任意同行を求められる・・・なんて騒動が実際に大阪でありました。

また「浮気をするやつはクズ」という認識が一般的です。浮気をした男女はまるで汚物であるかのように扱われ、芸能人ともなるとCMや番組から降板させられたり閑職に追いやられたりします。

そう。社会はそもそもわたしたち人間をクズにする運命にあるのです。映画「サーミの血」の主人公エレ・マリャはそのことに気づくのでしょうか?あなたの目で確認してみてください。