出世の早い人ほど社外では使えない人材なワケ

出世の早い人ほど社外では使えなくなるという記事を読みました。なぜでしょうか?

参考 出世の早い人ほど社外では使えない人材なワケPRESIDENT Online

ごますり・接待

若手のうちは仕事ができる・できないが評価されることもありますが、管理職になった瞬間に、評価されるポイントがガラッと変わります。能力とは関係のない「上の人間に気に入られたかどうか」が人生が決まるなんてことも珍しくないのです。

だからビジネスマンが企業で成功するためには「ごますり」が必要不可欠であり、経営者になれば「接待」が重要になってきます。大企業に入ると先輩社員から「ゴルフはやっておいたほうがいい」などとアドバイスされたり、「●●(影響力のある人の趣味)はできる?」だなんて質問されることもしばしばなのです。

このような状況で転職したらどうなるでしょうか?

ゼロからスタート

「ごますり」で積み重ねた評価は残念ながら他社ではほとんど通用しません。転職すれば転職先での人間関係をゼロから構築する必要があるため、どうしても「評価されずらい環境」が生まれてしまうのです。

そして日本は大企業であればあるほど企業が共同体組織になっているため、『内のルール』を熟知していることが重要になってきます。しかし内のルールというものは暗黙の了解の上に成り立っていることも多いため、外の会社から来た人間がすぐに理解すること自体が難しいのです。

内のルールは、その企業の管理職が実際にどのようにして出世しているか?とか、誰がどの派閥に入っているか?とか、どのように社内調整がなされているか?とか、誰が誰を接待しているか?など事実を積み重ねて地道に理解するしかないのです。

仕事に自己実現を持ち込むなかれ

これまで説明してきたことを理解すれば、「仕事で自己実現を満たす」という行為がいかに無謀かわかるでしょう。

大企業になればなるほど出世するのに「運」が必要になってきます。そのような状況で「この仕事で成功できなければ、人生は終わりだ」とか、「出世できなければ、これまでの努力がすべて無駄になる」だなんて意気込めば意気込むほど自分の首を絞めるハメになるのです。

実際に出世し続けることのできる人もいるでしょうが、そういう実力と幸運を手にできる人は極めて少数であり、どれだけ頑張っても出世できる人数は限られているのです。

だからこそ「出世したいのだ」と思う人もいるでしょうが、出世することに執着しすぎて鬱になってしまったり人生に迷ってしまわないようにくれぐれもご注意を!!!!