家族を想うとき ~ 理想的な労働者になれますか?

タイトルが原題と異なる点に違和感を感じた作品として『ハドソン川の奇跡』(原題:Sully)を紹介しましたが、今回紹介するケン・ローチ監督の『家族を思うとき』(原題:Sorry We Missed You:あいにくご不在でした)もその一つです。

『家族を思うとき』は、仕事に押しつぶされそうになりながら必死にもがく新人配達員とその家族の生き様を描いた作品なのですが、同時に「資本主義における理想の労働者とは?」ということを考えるヒントになりそうです。

予告動画)家族を思うとき

社会主義というワクチン

資本制を研究したカール・マルクスは、世界史を階級闘争の歴史として、資本主義社会では「資本家」階級と「労働者」階級の対立を挙げました。

マルクスによれば資本家階級は支配階級であり、労働者階級から剰余価値(付加価値)を搾取するだけでなく権力をも独占する一方で、労働者階級は生産手段を私有せず、自己の労働力しか売るべきものをもたず、社会から疎外された存在であるといいました。

マルクスは資本主義社会はその矛盾ゆえに社会主義社会に移行すると予言しました。しかしマルクスの予言は見事に外れます。なぜか?

マルクスの予言が資本主義を生き延びらせるワクチンになったからです。資本主義側の権力者たちは気づいたのです。労働者を敵にするのではなく味方にすることが得策であることに。

資本主義リアリズム

冷戦終結以降、社会主義に飲み込まれる心配がなくなった資本主義体制は、もうかつてのように労働者を味方にする必要がなくなりました。なぜならば資本主義に矛盾があっても、資本主義以外に選ぶ選択肢などそう簡単に見つかるわけがないからです。

だから資本主義という制度は労働者を「資本主義における理想的な労働者」になるようにあらゆる手をつかって駆り立てようとします。今回紹介した映画『家族を思うとき』に登場するお父さんも、まるで取りつかれたように働く労働者の一人です。

では資本主義における理想的な労働者とはどういった人たちなのでしょうか?

資本主義者的な労働観

アメリカの経済学者、アルヴィン・ハーヴィ・ハンセン(元ハーバード大学教授)がインドのあるコミュニティの改革に携わった結果、そのコミュニティの生産力は2倍になったそうです。めでたしめでたし。

しかし翌年ハンセン教授が再びそのコミュニティを訪問したときに驚きの光景を目にしました。なんとこのコミュニティの生活水準が変わらなかったのです。生産性が2倍になれば生活水準も2倍になるはずです。なぜコミュニティの生活水準は変わらなかったのか?

答え:生産力が2倍になった彼らは労働時間を半分に減らしたから

そう。「生産力が2倍になったら収入が2倍になり生活水準も豊かになる」と考えること自体が、資本主義的な発想なのであり、資本主義以前の前産業社会における労働者の関心は、生産性を向上させて生活水準を上げることにあるのではないのです。彼らは伝統的な生活水準を維持することにあるのです。

あなたは資本主義者か?

わたしは以前、東京都内の自動販売機に飲み物を補充するトラックの助手席に座ってドライバーを補助する仕事をしたことがあります。東京都内は駐禁の取り締まりが厳しいので、ドライバーが自動販売機に補充のために車から離れる間、助手席にいるだけでも価値があるのです。

わたしがいつも同じルートを担当するドライバーの仕事っぷりを約1週間観察してわかったことは、そのドライバーは仕事をなるべくサボっているということでした。ドライバーの気分を害さないように遠回しにそのことを質問するとドライバーはこんなことを教えてくれました。

「急いで仕事をすると、自分が担当する自動販売機の数を増やされてしまう。だからわざと仕事をゆっくりやっているんだよ。」と。

同様の話を他でも聞いたことがあります。「タロサックの海外生活ダイヤリー」というYouTubeチャンネルで、日本人男性のタロサック(?)さんが海外の女性に「頑張って仕事をしてお金を稼ぐ男性」と、「そこそこで仕事して自分の時間をもっている男性」のどちらと結婚したいか?と質問していましたのですが、動画では全員の女性が後者の男性と結婚したいと回答しました。

そう。なるべくお金がほしいと願う労働者であっても、働けば稼げるからといって、自分の時間のすべてを仕事に捧げることは望んではいないのです。

産業社会の大原則

産業社会の大原則は、労働者を合理的に組織化し、企業利潤を最大化することです。しかし既に見てきたように、たとえ合理的に組織された民間企業で働く労働者であろうと、企業利潤を最大化することに全面的に支持するわけではありません。

コロナ禍で注目を浴びたウーバーイーツ配達員も事情は一緒です。ウーバーイーツ配達員が企業利潤を最大化することを目的にしているならば、雨の日だって長時間労働するでしょう。なぜならば「そこに需要があるから」です。

しかし悪天候の日にウーバーイーツのアプリを開けば、現実がそうではないことを思い知るはずです。猛暑だったり寒かったり悪天候になればなるほどデリバリーしてほしい消費者は増えるのに、その需要をまかなえるだけの供給が追いついていないのです。

その結果、悪天候の日に消費者がウーバーイーツのアプリを開いても「配達員がいないので注文が受け付けられません」と表示されて、注文を諦めざるを得なかったりするのです。だからウーバーイーツの運営元は、あの手この手で労働者を働かせようとするのです。

「あの手この手で労働者を働かせる仕組み」は、冷静に考えてみればたくさん見つかるはずです。あなたはどのような仕組みに駆り立てられて「労働」しているでしょうか?