YEN>>LOVE

YEN>>LOVE

先日タレントの加藤紗里さんが、インスタグラムにこんな投稿をしました。

紗里にだってもちろんLOVEはあるけど… LOVEは価値が落ちたり消えたりするじゃん?けどYENは価値も落ちないし消えたりしない。

ようはLOVEよりYENの方がよっぽど信用出来るってこと。

そしてみんなそんなにLOVEを沢山持ってるなら愛する人のためにそのLOVEをYENに換金すればいいと思うの❤️ 加藤紗里

【引用:インスタグラム

あなたは加藤紗里さんの意見をどう思いますか?

現実を決めるもの

加藤紗里さんは「LOVEの価値は減る。YENの価値は減らない。」と認識していますが、現実には「LOVEの価値もYENの価値も増減する」のです。

YENの価値が減らないのはYENの価値が目減りしたら困る人たちが大勢いるからです。YENの価値を目減りさせないためにコストを支払っているからYENの価値は目減りしないのです。

しかし愛は多くの場合、特定の個人との間に生まれるものです。ですから愛を維持するためにコストを支払うかどうかは各個人の判断によります。だから今日もどこかでたくさんのカップルや夫婦が別れを選んでいるのです。

わたしたちが「ある」と思っているものは「あるようでもあり、ないようでもある」という不確かなものなのです。しかし「ないようでもある」ものを「ある」と信じることができるのは、みんながそう信じているからです。時には大衆の「思い込み」をメディアが強化することもあります。

かの大経済学者であるマルクスは「権力を握るものが現実を決める」という言葉を残しました。そう。「権力を握るものが現実を決める」のです。社内での権力者、家庭での権力者、町内会での権力者、PTAでの権力者、、、という具合に、世の中にはさまざまな組織がありますが、権力を握るものが現実を決めるという点では共通しています。さて、ここからが本題です。

人生の満足度を決めるもの

今回あなたにお伝えしたいことは「現実はあやふやなものである」ということの理解度によってあなたの人生の満足度は決まるということです。

「現実はあやふやなものである」ということを信じれば、今の現状をいくらでも変えることができます。逆に「絶対的なものがある」と信じると、何かに支配される人生になります。

例えば加藤紗里さんのような考えをする女性が多ければ、「お金持ち男性≒モテる」という図式は真実になり、世の男性にとってはお金に執着することが合理的な選択肢になるでしょう。

男も女もお金におどらされる世の中は、ある意味では『真実』です。しかし絶対的な真実というわけではありません。みんながお金の力を信じているから真実だと思われている。。ということでしかないのです。そこを勘違いしてはいけません。

あなたは『ガチ』で「お金ってスゴイ」と信じますか?それとも『ネタ』で「お金ってスゴイ」と信じますか?

ガチになるとカモられる

『ガチ』であれ『ネタ』であれ表面的には同じことです。どちらも「お金教の信者」のようなふるまいをするからです。しかしお金から自由になる人は、『ガチ』でお金の力を信奉したりはしません。お金を信奉しているのは「ネタ」でしかありません。

問題は「ネタ」だとわかっているのに「ガチ」であるかのようにふるまる人が多いことです。神様はいないとわかっているのに、ビジネスのために宗教をやる人がいるのと同様に、、、、、お金の力は絶対的なものではないとわかっているのに、ビジネスのためにお金の力を周囲に信じさせる人も多いのです。

そういう人たちは「お金≒幸せ」という図式の正当性を説きます。しかし皮肉なことに、、、、そういう人ほどお金を稼いでも幸せになれないことを知っているのです。

もちろんあなたもガチなお金教信者になれば、一時的にはお金持ちになれるでしょう。しかしお金持ちな状態が長続きするとは限らないのです。なぜならばお金教信者としてお金持ちになっても、もっと位の高いお金教信者にカモられる可能性があるからです。

参考 10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃日刊ゲンダイ

ちなみに上記参考記事でインタビューされている「アキラ氏」は、逮捕されないのが不思議なくらいな所業を繰り返した末にトンずらしました。そもそもアキラ氏のFXトレーダーとして活動実績があったのか?ということからして怪しいのですが、たくさんの人が騙されてしまったようです。

もっと大きな煩悩に飲み込まれる

わたしの師匠の一人はこんなことをいっていました。「煩悩はもっと大きな煩悩に飲み込まれるだけである。」と。

例えば月収100万円を稼ぐ人は月収1,000万円に憧れるかもしれませんが、月収1,000万円の人は月収1億円の人にあこがれるのです。つまりお金を幸せのモノサシにした時点で「上には上がいる」ので、いつまでたっても満たされることがないのです。

日本では数千万円の資産を残してなくなる人は珍しくありません。あの世というものがあるとしても、あの世にお金をもっていくことはできないのにも関わらず、、、、お金を現世に残すのは、お金をいくら稼いでも不安から逃れられないことの何よりの証拠なのではないでしょうか。

あなたが「現実はあやふやなものである」ということに気づき、お金に振り回される人生からもオサラバすることを願っています。本当の幸せになりたいなら心の平穏を手に入れる必要があります。しかし心の平穏はお金に振り回される体質から脱却しないかぎり、一生手に入らないのです。